カーラインで車売却の入金トラブルが発生しづらい理由

車の個人間取引のサイトであるカーラインでは、入金に関するトラブルが発生しづらいのが特徴です。カーラインは、いわゆるオークションのようなサイトになります。一般的なオークションとは異なり、落札代金が振り込まれやすいシステムになっているのです。

 

まず流れなのですが、車の売却希望者はカーラインにて出品をします。ちなみにカーラインのアドバイザーは、その出品の際のサポートも行ってくれます。
そして出品された車を見て、誰かが落札したとしましょう。その後で、落札者に対してカーラインから請求書が行くのだそうです。所定の期日以内に、カーラインに対して振り込まなければなりません。

 

この請求書の有無が、一般的なオークションとカーラインとの大きな違いの1つだと思います。

 

一般的なネットオークションの場合は、そうではありませんね。落札された後は、落札者からの入金を待つ必要があります。その際に、オークションサイトから請求書が発行される訳ではないのです。落札者の意思に左右されます。

 

このために一般的なオークションサイトの場合、たまに入金されないという事例が発生するケースがあるそうです。そのような事が発生すると、出品者としては困ってしまいますね。

 

ところがカーラインの場合は請求書が発行されますので、そのリスクは小さいと思います。ですので車を売却したい方々としては、安心して出品をする事ができるでしょう。入金のトラブルが発生しにくい点が、カーラインの大きなメリットの1つではないでしょうか。

 

思えば車買取の業者などは、必ず振り込んでくれます。オークションの場合は振り込まれるとは限らないのです。カーラインは車買取の業者とオークションの良さが併存しているサイトだと思います。
シエンタ 買取