トラック家による車買取では二重査定は発生するか

車買取の業者を選ぶ基準の1つに、二重査定の有無があります。二重査定とは、査定金額との食い違いが発生してしまう事です。

 

査定時に60万円と伝えられたものの、後日何らかの不具合が見つかったので40万円台に下がってしまうという事例もたまにあります。査定を二段構えで行っていると、そのような事がたまに発生する訳ですね。

 

そして「60万円なので売る」と考えていた顧客にとっては、それはちょっと困りものですね。そのような事が起きないように、契約書の内容をよく確認しておくのも大事なのですが。

 

ところでトラックという車を売却する時にも、それは大事です。中にはそのような事を行っている業者もあるようなので、業者を選ぶのは大事だと考えます。
では具体的にはどの業者であれば二重査定を行わないかというと、トラック家があります。

 

この業者に対しても、たまにそのような問い合わせが発生する事があるようですね。しかしトラック家の場合は、査定額が変わってしまう事はないと公式で明示しています。
ライフ 買い取り

 

この業者の場合は、引き取り手続きまでは売却希望者の所にスタッフが出張する事はありません。メールや電話などを用いて概算を通知してくれるというスタイルになりますが、その時に伝える情報の詳しさが大きなポイントになるようです。できるだけ詳しい情報をトラック家に伝えておく方が、概算金額は正確になりやすいそうです。そのためにも、できるだけ多くの画像データを添付すると良いようですね。

 

ただ気をつけなければならないのが、虚偽の情報を伝えてはならないという点です。車の引き取り時に虚偽が発覚してしまいますと、売却額が下がってしまう可能性があります。あくまでも正しい情報を、できるだけ詳しく伝えるのがコツですね。

 

虚偽の事実を伝えない限りは、概算額と大きくずれることは無いようです。ですのでこの業者の場合は、安心して査定を受ける事ができるでしょう。